生きている

毎日の生活の中で考えたこと

勉強とは

学生の頃、勉強とはやらされるものであった。範囲の決まったものをひたすら覚える。手応えなどを感じたりすることもなく、自意識だけは高いが結果の伴わない、凡庸な学生だった。

今、多くの子供たちは塾に行っている。
勉強したい気持ちのある子は、どこに行っても効果的に勉強するだろう。
気持ちの無い子は、いくら親が尻を叩いてもしない。

その気持ちはどこから出てくるのか。

我が子は特に成績がいい方ではないが、ちょっと苦戦していた問題ができた時には嬉しそうにしている。
たまに一緒に問題をやってみると、意外に難しく、こちらもやっぱり解けたら嬉しい。

歴史上の本当にいたのかわからないような人が、本当にやったのかわからないような事を覚えるのにどんな意味があるのか?
英語が大事大事と言われるけれど、日常にどんな風に活かせるのか?
興味を持つ事ができなければ、学生時代の勉強とはただの苦痛でしかない。

勉強しなかった親がどこまでできるのか疑問だが、勉強することの楽しさみたいなものを身につけてほしい、というのが願い。