生きている

毎日の生活の中で考えたこと

非言語コミュニケーション

夜になって、雨が強くなり雷が鳴り出した・・・という事にも気づかないくらい疲れて寝ていると、子供が「○○(犬の名前)が家に入ってきた」と報告に来た。

雷が鳴り出したとき、扉を前足でしきりに叩き、少し開けたところぐいっと入ってきてそのまま玄関のほうに行ったという。日頃は室内には入れていないので、入ってはいけないことはわかっているはず。

様子を見に行くと、すっかり安心したような?様子で
「イヤー、部屋に入れないことは知ってるんですよ?でもあんまり怖かったもんですから。いえ、ここで結構ですので。」とでも言っているような笑顔?でしっぽを振っていた。そして、先ほど様子を見に行くと安心しきった様子で眠っていた。

ちゃんと自分の意思を伝えて目的を達成した犬に妙に感心してしまった。