生きている

毎日の生活の中で考えたこと

気を遣われることへの気遣い

人から気遣いを受けた時、それを気持ちよく受け取るかどうかに、結構人柄が出るなあと思う。

「気を遣われたくない」と言う人がいるけれども、気を遣われる要素があるから周囲は気を遣うのであって、遣われたくないというのはどうなのかと思う。
遣われたくないと言っているのに、遣われた状態に慣れてしまい自他の区別がつかなくなっている。

ぬるま湯に慣れてしまわないよう、自分も気をつけたい。