生きている

毎日の生活の中で考えたこと

仕事

ある人が、挨拶で「どんな人ともいつかわかり合える」と言った。

でも、どうしてもわかり合えない人はいる。
わかり合えない人とどうしても接しないといけない時どうしたらいいのか。

人間をわかろうとするのでなく、目の前にある事象についてどう運んでいこうかと考える。だから人との距離はあまり縮まらないけれど、なんとなく物事がうまく運んだね。という満足感がお互いにあって、それでその関係はひとまず終わる。
そういうことの積み重ね。