読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きている

毎日の生活の中で考えたこと

勉強とは

学生の頃、勉強とはやらされるものであった。範囲の決まったものをひたすら覚える。手応えなどを感じたりすることもなく、自意識だけは高いが結果の伴わない、凡庸な学生だった。今、多くの子供たちは塾に行っている。 勉強したい気持ちのある子は、どこに行…

ひこうき雲

「ひこうき雲」というタイトルの曲を3曲知っているけれど、どれも名曲だと思う。3位 荒井由実2位 真心ブラザーズ1位 ride飛行機雲は、ミュージシャンの、繊細な感情を刺激するのかもしれない。

後悔の無いように

物騒な世界情勢の中だけど、おめでたいニュースもありつつ、毎日が過ぎていく。先の心配をしすぎないよう、身の程を知りつつ、タイミングを大事に、後悔の無いように生きていきたい。

子供画伯

小学生ぐらいで、たまに芸術的な絵を描く子がいる。わりと親がクリエイティブなかんじの人だったりする。そういう話ではなく、先日我が子が友達に描いてもらったという自分の顔を見せてくれた。これが、とてもよく描けていて、写実的ではないのだが、ソック…

非言語コミュニケーション

夜になって、雨が強くなり雷が鳴り出した・・・という事にも気づかないくらい疲れて寝ていると、子供が「○○(犬の名前)が家に入ってきた」と報告に来た。雷が鳴り出したとき、扉を前足でしきりに叩き、少し開けたところぐいっと入ってきてそのまま玄関のほう…

バナナは木ではない

バナナか芭蕉を植えたいなあと思って調べていたら、これらは草だそうである。なので、一回実をつけたら、その後はその株にはもう実がならない。だから、その前に脇から出てくる子株をとってまた植え付けておく必要があるんだそうだ。植えっぱなしじゃだめな…

自律神経

小さな音が気になって眠れない事がある。かと思えばテレビや子供の声がかなりガヤガヤうるさくても眠れる時もある。車に乗ってすぐ酔う時もあれば、全く酔わない時もある。一番わかりやすいのは、人に寛容になれるかというところだ。寛容なふり、ではなく心…

行動あるのみ

職場に、今まさに幸せそうな人がいてこちらもほっこりさせられる。その人は、親御さんや周りの人を大事にしながら、自分の将来を見据えて行動している。職場でも、余計な事は言わずやるべき事をやり、かといって堅物ではなく時々オッチョコチョイを発動して…

独特なファニーさ

「マツコの知らない世界」で、相撲メシの特集をしていた。ちゃんこの美味しいことで知られる(関取もいるので相撲も強い)部屋がいくつか紹介されていた。 尾車部屋の天風という力士を初めて見たが、天真爛漫小学生か?と思うような無邪気さであった。他の力士…

心配性

心配性、というか取り越し苦労性、である。この事で、様々な事を気に病み、様々な事に二の足を踏んできたと思う。やっかいなのは、「本当はできるけどしない」「面倒くさいからしない」という風に思い込む事によって客観的に自分を見ることができるようにな…

商売だもの

電化製品を見に、○○○電器に行った。 ネットである程度価格帯は見ていたのだが、実際体験してから買いたかったのだ。その商品はあった。 しかし、ネットで見たのより、1万5千円近くも高い価格が表示されていた。 思わず、高いね~。と言っていると、「あ、こ…

皆笑いたい

言い方を間違えるとタブーになる事を、自らすごくうまく笑いに変えてくる方がいて、すっごいなーと思った。それを聞いて思い切り周りは笑う。自分のコンプレックスとか、ちっちゃいなあー

人は巣立っていくもの

キムタクがテレビに出ていた。短髪になっていて、なかなかさわやかな感じだった。 あのsmap解散のいきさつがどういうものだったのか、一般人には結局わからないけど、自分の印象としては40過ぎた人間を過去の恩義とかいろんな事を理由にして自由を縛るという…

がんばれ

今の状況から前に進もうとしている人の話を聞いて、根がとても真面目な人なので、心から応援したくなった。色々条件を言えばキリがない。自分の直感を信じて、頑張らないことを頑張ってほしい。

人前が安全

一対一の時常に冷静を保つことは、簡単なようで難しい。また、一対一になった時に限って無理難題を持ち出してくる、または「えっそんな事思ってたの」という愚痴をこぼされたり、こちらも余計な事を口走ったりする事があるものだ。という訳で、公の時は常に…

これでよい

一日家の中のことだけをして、疲労回復。空気みたいに、変わらない家族がいる。根掘り葉掘り聞かれることもなく、こちらもしゃべらない。今日は天気も良くて、葉の黄緑色が美しい。これで、よい。

がんばった

一日とても、がんばった。 苦手な場所に行った。 想像してたけど、あまり会いたくない人もいた。昔からそうだったけど、自信満々でさらにパワーアップしていた。 あの時その場所から離れて、良かった。 自分のついていけない人の動きだった。 それでも、これ…

できることを、する

周囲が沈滞お疲れムードの時などにちょっとした世間話をする事によって、空気が動き出したり、「あー楽しかった今の時間」など言ってもらえる時があり、自分にもそういう役割ができるんだなと今さら気付いた。あまり、持っている性格などは関係ないのかもし…

1000万でも

1億円でも、札束だとかなりの重さだという。3.8億、、、。想像つかない。銀行から引き出す時は1人、奪った時は2人、国外に運び出す時は数人。 不思議な人数配置。1000万でも1人だけで持ち運びたくない。

気を遣われることへの気遣い

人から気遣いを受けた時、それを気持ちよく受け取るかどうかに、結構人柄が出るなあと思う。「気を遣われたくない」と言う人がいるけれども、気を遣われる要素があるから周囲は気を遣うのであって、遣われたくないというのはどうなのかと思う。 遣われたくな…

マジ泣き

クレヨンしんちゃんと言えば、その昔「子供に見せたくないアニメNo.1」とか言われ、えげつないイメージがあった。しかし、実際は幅広い層の子供達に人気があり、内容も流行や世情をうまく取り入れていて、なかなかよくできているじゃん、と思っていた。人物…

これは

ある事をなかなか引き受けてくれない人がいて、そこから色んな人の助けを借りながら、やっと引き受けてもらい、最初は警戒感があったけど、ちょっとした話ができるまでになった。だれも誉めてくれないけど、結構達成感があったな。人が心を開く瞬間というの…

人を育てる

浅田真央が引退を発表した。いつもニコニコの印象だった真央ちゃんのコメントから「やめたい」ということが伝わってきた。 本当にお疲れ様でしたと言いたい。テレビで観ているだけだけど、フィギュアスケートの選手とコーチの関係は独特なものに見える。 素…

それ、仕事でしょ

うまくいった功績を鼻にかけて天狗になっている人を見て、気をつけよう、、、と思った。仕事なんだから、それするのが仕事だよね。心の中でガッツポーズ、ぐらいにしてほしい。

続き

昨日、だれにでも愛が籠っているように聞こえる声かけは自分にはできない、という事を思ったのだけど、その事について。淡々と、一定の温かさのある、でも距離を保った接し方をしたいと思っているんだった。 それが自分のかかわり方だなと思った。

嬉しかった事

リアクションがいつも大きくて、ちょっと人種が違うかもと思っていた人と、仕事の話をしたら、根本では同じ事を考えていて、それは読んで字のごとく人にどう接するかという根の所だったので、嬉しかった。どんな人の事も大事にするから、リアクションが大き…

あんたはえらい

日本犬を飼っている。玄関付近にいて、人の行き来を偵察している。家族には吠えない。家族の車にも吠えない。他人でも、子供には吠えない。その他の他人には、吠える。その吠え方にも、喜びの吠え方と警戒の吠え方がある。そんなに一喜一憂して疲れないかい…

迷惑してます

日常的なコミュニケーションがあまり得意でないので、ここは必要かな、と思う場面以外では黙っていたい。暗いと思われない程度に、、、。大概の人は「この人そんな感じなんだな」と受け止めてくれているような気がするが、たまにびっくりするぐらい急に近く…

かまわんよ

ドラッグストアで「何かお探しでしたら言ってください」と言われたので、 ○○はありますか?と聞いたら、なかなかそれを見つけられず、他の店員も近くにおらず、結構な時間が流れた。 よく聞く名前の薬なので、あるにはあるのだろう、懸命に探している。今日…

向いているのかいないのか

仕事に感情移入しすぎる時があり、それはうまくいかない時だが、帰って来ても誰ともしゃべりたくない。家族が自分抜きでもそれなりに楽しく過ごしてくれているのは救いだ。反面、うまく運んだ時の喜びは大きく、やっぱりやめられないなどと思ったりする。 要…

取り越し苦労

今日の我が子の取り越し苦労の話を聞いて、全く笑ってしまった。そして、思考が同じパターンだなと改めて思った。 なので、「仕事の事で心配でたまらないことがあったけど、アンタの話を聞いて心配しないことにした。」と言ったら、ふふふと笑っていた。小心…

何に焦点をあてるか

若い頃、周囲の人の放つ空気に一喜一憂していた。例えば同じ事を言っているけれど、大きなリアクションをする人には振り回されるといったような事。長い間振り回される時期を経て、本当はその人が何を言おうとしているのか、実際どんな行動をしているのかを…

かまってほしい人

人からかまってほしいと、強く思っていたのはいつ頃だろうか。子供の時はもちろんだが、結構大人になるまでそう思っていたタイプかもしれない。けれど、ひとたび外から見るとかまってほしい人というのは外から丸わかりなんだなあと。強がっていても、みんな…

どちらにもふれすぎないのが合っているかも

4月、また色々と新しいことも始まると思うので、色々捨て、掃除した。 積もっていれば積もっているほど?スッキリ感がある。頭の中までスッキリしていくようだ。断捨離やミニマリズムが流行り、これらは物に囲まれていた生活をしていた者にとっては絶大な効…

この時期

「ぼくらが旅に出る理由」を聴きたくなる。「夜明け前の弱すぎる光」という歌詞なんか、ほんとすごいよなー

気持ちはわかる

ビールの135ml缶にはまっている。 疲れて帰って来て、350mlを飲んでしまうと、後で猛烈にダルく眠くなるのだ。で、135だと、「いや、うまい〜」という感覚だけを味わえる。そして、そこでやめるのがコツである。後のやるべき事に差し支えないために(涙)。ネ…

コミュ障

定期的にやってくる他人、があまり得意ではない。 ヤクルトレディみたいな人である。 頻繁に会うので親しくなる人は親しくなっていく。ちょっとした個人情報のやり取りなどをしている。実際はそんなに親しくないのだけど、うまく親しさの表現をしている。そ…

あうんの呼吸

弟が、口に食べ物を入れたまましゃべっている。ほとんど何と言っているのかわからないが、兄との会話は成立している。兄が歌のワンフレーズを口ずさむと、弟がハモる。お囃子の役割である。無意識にやっている。

ソツのない人

何をしてもソツのない人がいる。 いつも隅々まで気持ちが行き届いていて めずらしく感情的になっているのかな?という時のコメントでさえも適度に感情的なソツのなさ。育ちがいいというか。何をしてもわきまえていてずれたところのない。そういう人を前にす…

こどもに

違う人格なのだけど同じようなことを考えている同じようなことで苦しんでいる上から目線で解決方法だけを繰り返す大人になりたくないその考え方は親から引き継いだものだから、お前の責任じゃない同じようなことで喜んでいる客観的に見ることはなかなか難し…

玉鷲

大相撲春場所14日目、怪我を押して出場し敗れた稀勢の里を前に、場内のお客さんもお茶の間も言葉を失っていた。その時、突如三役になってから連続3場所勝ち越しという関脇玉鷲のインタビューが始まった。「うれしくてたまらない」という表情でインタビューを…

仕事

ある人が、挨拶で「どんな人ともいつかわかり合える」と言った。でも、どうしてもわかり合えない人はいる。 わかり合えない人とどうしても接しないといけない時どうしたらいいのか。人間をわかろうとするのでなく、目の前にある事象についてどう運んでいこう…